BMW『iX3』早くも改良? デュアルモーター搭載「M Performance」でライバルに対抗か

新車 レスポンス

2020年7月に登場したBMWの電動SUV『iX3』の改良モデルを、早くもスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

iX3のベースとなる『X3』は現行型が2017年に登場、現在改良新型が開発終盤を迎えている。一方、iX3は2020年7月に発表、10月から生産が開始されたばかりだが、早くもLCI(ライフサイクルインパルス=商品改良)に着手している。フェイスリフトには時期尚早な気もするが、どうやらエクステリアデザインを統一させたい考えがあるようだ。

またiX3はシングルモーターによる後輪駆動のセットアップでデビューしたが、メルセデスベンツ『EQC』やアウディ『e-tron』など、全輪駆動とデュアル、またはトリプルモーターを搭載する競合車と比較すると物足りなさを感じるのも事実。これに対抗するというのも理由にあるとみられる。

ミュンヘンで捉えたプロトタイプは、フロントドア、及びリアバンパーに「Electric Test Vehicle」のステッカーを貼られている。いくつかのアグレッシブなデザインを採用しているように見えることから、デュアルモーターを搭載する「iX3 M Performance」の可能性が高い。

改良新型では、ヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、LEDテールライトのグラフィックが刷新されるほか、バンパーも新設計されると思われる。

シングルモーターのパワートレインは、80kWhのリチウムイオンバッテリーパックを搭載し、最高出力282hp、最大トルク400Nmを発揮する。1回の充電ではWLTPサイクルで最大460km(285km)の航続を誇る。また0-100km/h加速は6.8秒、最高速度180km/h(リミッター作動)のパフォーマンスがキャリーオーバーされる見込み。

だが、やはり注目は「M Performance」だ。そのパワートレインは、2つのモーターを搭載する「i4 M Performance」と共有する可能性がありそう。デュアルモーターと全輪駆動「xDrive」により走行性能が大幅に強化される。

BMWは内燃機関のX3改良新型を年内にデビューさせ、その後強力な『X3M』を投入する。「iX3」はファミリーLCIの最後を飾る形で2022年内にデビューすることが予想される。

  • Spyder7編集部
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • BMW iX3 改良新型 プロトタイプ スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ