アウディ、税引き前利益は3倍に増加 2021年第1四半期決算

業界 レスポンス

アウディ(Audi)は5月7日、2021年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、ランボルギーニなどを含めたグループ全体の売上高は、140億6700万ユーロ(約1兆8610億円)。前年同期の124億5400万ユーロに対して、13%増と増加に転じた。

また、第1四半期の税引き前利益は、16億8900万ユーロ(約2235億円)。前年同期の5億4500万ユーロに対して、およそ3倍の増益となっている。

大幅な増益となったのは、前年同期が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により、減益となっていた反動増。今期は新車販売が回復し、利益を押し上げる要因となった。

アウディ取締役会のユルゲン・リッタースバーガーCFO(最高財務責任者)は、「2020年第4四半期(10〜12月)から2021年第1四半期にかけて、力強い勢いでコストを削減し続け、今後のプロジェクトを優先した。フォルクスワーゲングループの一員として、アウディは他のプレミアムメーカーにはない相乗効果を活用している」と述べている。

  • 森脇稔
  • アウディQ3新型《photo by Audi》
  • アウディ Q2 改良新型《photo by Audi》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ