トヨタ、2030年にBEVとFCEVの販売を200万台に…新たな電動化計画公表[写真1]

  • トヨタ bZ4X《photo by Toyota》
  • トヨタ bZ4X《photo by Toyota》
  • 長田准執行役員《写真提供 トヨタ自動車》

トヨタ自動車は5月12日の決算発表の場で、主要地域別の電動車比率などを織り込んだ2030年時点での電動車販売計画を公表した。同年のグローバルの電動車総台数は800万台で、うち走行時にゼロエミッションとなる電気自動車(BEV)と燃料電池車(FCEV)は200万台としている。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ