VW マルチバン 次期型、前後スライド式センターコンソール採用…格納式テーブル付き

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンは5月11日、2021年後半にワールドプレミアする予定の次期『マルチバン』(Volkswagen Multivan)に、前席と後席の間をスライドするセンターコンソールを採用すると発表した。後席での使用時には、格納式テーブルとしても機能する。

フォルクスワーゲンは1985年9月、ドイツ・フランクフルトで開催されたIAA国際モーターショー(商用車)において、商用バンの『T3』をベースにした乗用バージョン、初代マルチバンを発表した。

以来、『T4』、『T5』、現行の『T6』をベースにした乗用ミニバンとして、マルチバンが設定されてきた。2019年には、現行のマルチバンが大幅改良を受け、「マルチバン6.1」にアップデートされた。現行型には、新しいシートシステムやキャプテンシート、格納式テーブル、インテリジェントなインフォテインメントや先進運転支援システム(ADAS)を搭載している。

フォルクスワーゲンは次期マルチバンに、前席と後席の間をスライドするセンターコンソールを採用する。このスライド式センターコンソールは、後席での使用時には、格納式テーブルとしても機能する。

フォルクスワーゲンは、35年以上前の初代マルチバンにも後席用テーブルはあったが、次期マルチバンの柔軟に使えるテーブルは、マルチファンクションシステムにより、どの座席でもセンターコンソールとして使用できる、としている。

Even the first #Multivan more than 35 years ago had a table in the back. Now comes the most flexible table ever: a multi-function system, which can also be used as a centre console on any seating row. Have a look! #AllNewMultivan #WeTransportSuccessFreedomFuture pic.twitter.com/hoU9Gd4yJn— Volkswagen Commercial Vehicles (@VWCV_official) May 11, 2021

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン・マルチバン 次期型のティザーイメージ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン・マルチバン 次期型のティザーイメージ《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ