いすゞ ギガ、国内トラック初のドライバー異常時対応システムを採用

テクノロジー レスポンス

いすゞ自動車は、大型トラック『ギガ』に国内トラック初のドライバー異常時対応システム(EDSS)をオプション設定し、5月14日より販売を開始した。

EDSSは、ドライバーの状態をモニタリングするドライバーステータスモニターのカメラが異常を検知した場合、もしくはドライバー自身によるEDSSスイッチの操作があった場合、ブレーキ制御を自動で開始、徐々に速度を落として停止する。

EDSS作動時、マルチインフォメーションディスプレイには警告画面と音声警報でドライバーに通知。車外には、ホーンを鳴らしハザードランプとブレーキランプを点滅させることで、異常事態を知らせ、走行中の急病など、運転継続が困難な状態に陥った場合の重大事故を防ぐ。

また、EDSSが作動した場合、あらかじめ設定したアドレスへメールによる通知を行い、速やかな状況把握を促す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ドライバー異常時対応システム《図版提供 いすゞ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ