VW、自動運転EVの実証実験へ…電気ミニバン『ID. BUZZ』ベース

テクノロジー レスポンス

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は5月12日、自動運転EVのプロトタイプによる世界規模での実証実験を、フォードモーター傘下のアルゴAIと協力して開始すると発表した。

フォルクスワーゲンは、EVコンセプトカーの『I.D. BUZZ』の市販版となる新型EVを、同名のID. BUZZとして2022年に発表する予定。フォルクスワーゲンの商用車ブランドは、「サービスとしてのモビリティ(MaaS)」のために、自動運転の研究開発を進めており、これにID. BUZZを使用する計画だ。

フォルクスワーゲングループとフォードモーターは、提携の一環として、自動運転向けソフトウェアを手がけるフォードモーター傘下のアルゴAIに出資した。その狙いは、自動運転システムの迅速な開発と実用化にある。フォルクスワーゲングループはアルゴAIへの10億ドルの出資に加えて、子会社のAID(Autonomous Intelligent Driving)をアルゴAIに統合する。

フォルクスワーゲンの商用車ブランドは、ID. BUZZにアルゴAIの自動運転システム「SDS」を組み込んだ車両を開発している。フォルクスワーゲンによると、同社の商用車ブランドは、完全自動運転システムの開発と都市部での商業利用の2025年の実用化を目指しており、ロボットタクシーやロボットバンなどを開発・生産していくという。

この目標の実現に向けて、フォルクスワーゲンはドイツ・ミュンヘンと米国ペンシルベニアで、自動運転車の実証実験を開始する予定だ。この実証実験では、アルゴAIの自動運転システムを、ID. BUZZのプロトタイプ車に搭載する。

ID. BUZZのプロトタイプ車には、レベル4の自動運転を可能にするLiDAR、レーダー、カメラを搭載する。最新の「Argo Lidar」は400m離れた物体を検出できる。また、アルゴAIのガイガーモードライダーには、光の最小粒子を検出する機能があり、反射率の低い物体の検出に役立つ、としている。

  • 森脇稔
  • アルゴAIの自動運転システムを搭載するフォルクスワーゲン I.D. BUZZ の自動運転EVのプロトタイプ《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ