建機の遠隔操作「Catコマンドステーション」…複数のマシンを切り替え可能

業界 レスポンス

キャタピラージャパン合同会社は、建設現場の未来の働き方を提案するキャタピラー次世代マシン用の遠隔操作テクノロジ「CatCommand(Catコマンド)ステーション」を2022年に発売する。キャタピラージャパンが5月12日、発表した。

CatCommandステーションは、2020年に発売した油圧ショベル対応遠隔操作アタッチメント「CatCommand(Catコマンド)」を発展させた、遠隔操作ソリューションだ。次世代マシンに標準装備されたセミオートによる生産性の高い作業と、リアルタイムでのマシンの状態監視が可能だ。

ステーションは、実機同様のシートとジョイスティックレバーなどの操作入力装置およびオンボードキットで構成される(CatCommandは可搬式のコンソールで操作)。ステーションのシート正面のモニタには、オンボードカメラと、ユーザーが所有する現場俯瞰カメラ、両方の映像表示が可能で、実機同様のメータクラスタも表示される。

実際にマシンが稼働する現場とステーションとの間の通信は、インターネットや専用回線など任意の方式を使用する。直接目視による遠隔操作と比較し、より遠距離での遠隔操作が可能となる。

また、複数のマシンに別売のオンボードキットを追加装着することで、一つのステーションから複数のマシンを切り替えて遠隔操作することもできる(CatCommandでは不可)。オンボードキットはキャタピラーの次世代マシンに後付け可能。対応するモデルは油圧ショベル、ブルドーザ、小型ホイールローダに順次拡大する予定だ。

  • 高木啓
  • Cat Commandステーションでの作業風景《写真提供 キャタピラージャパン》
  • システム構成《写真提供 キャタピラージャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ