新型導入は来年?ルノー カングー とそのルーツたち【懐かしのカーカタログ】

モータースポーツ レスポンス

本国で新型が発表・発売されたルノー『カングー』。来年の導入になるという日本へは、果たしてどんな仕様でやってくるのか? 今回はまだまだ魅力が色褪せない従来型とそのルーツを取り上げてみた。

◆4F/4

4(キャトル)のボディ前半に屋根付き・箱型の荷室を繋げた“フルゴネット”形式の実用車。リヤゲートは写真のモデルではルーフ部と横開きのドアの組み合わせで、このスタイルは2代目『カングー』の“ビボップ”で再現された。リヤのトーションビームを水平に配置したため、ホイールベースが左右で違っていた(右2450mm、左2400mm)のは初代『5』と同様。

◆エクスプレス

『シュペール5』をベースに仕立てたフルゴネットがこの『エクスプレス』。ハイルーフ化された『5』のボディ前半に、写真のカタログのように四角い荷室の組み合わせ。定員は5名だが、リヤシートを畳めばラゲッジスペースの奥行きは1500mmに。ルーフ部と両開きのドアが組み合わせられた。日本仕様でも1.4リットルのガソリン車と1.6リットルのディーゼル車が選べた。

◆カングー(初代・2002年=日本)

初代は本国での登場(1997年)からやや遅れて、2002年から日本市場にも正規導入された。フレンドリーでリラックスした印象(デビュー時の広報資料より)のハイルーフスタイルは見るからに実用的で、2003年のマイナーチェンジを機にダブルバックドアが導入されるや人気が急上昇。全幅1675mmの5ナンバーということもあり、この初代に乗る愛好家は今でも少なくない。

◆カングー(2代目・2009年=日本)

初代のコンセプトを進化、継承して登場したのがこの2代目。最大のポイントはボディサイズの大型化で、全幅は1830mmとなった。このため当初はこの大きさが敬遠される空気もあった。が、初代以上の実用性の高さで次第に認知されるようになり、毎年5月に開催される“カングージャンボリー”でも、今や大半の台数を占めるほどに。

2013年からは最新のルノー車に歩調をあわせたフロントマスクにフェイスリフトを実施。2016年には2ペダルのEDC車が発売された。

  • 島崎七生人
  • ルノー・エクスプレス《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ルノー・カングー《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ルノー・カングー《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ルノー・カングー《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ルノー・カングー《カタログ写真撮影 島崎七生人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ