【スーパーフォーミュラ 第3戦】悪天候によりレース途中終了、ジュリアーノ・アレジが初優勝

モータースポーツ レスポンス

2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦が5月15日・16日に大分県のオートポリスで行われ、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が初優勝を飾った。

公式予選が行われた5月15日に、例年よりも約3週間早く九州地方の梅雨入りが発表された。その影響もあってか、予選・決勝日ともに悪天候に見舞われた。

その悪天候を考慮して公式予選は通常のノックアウト方式から、40分間の計時予選方式に変更。コースオフする車両が後を絶たず、合計4度の赤旗中断がある波乱のセッションとなった。そんな中、海外レース参戦の兼ね合いで今回は欠場となった中嶋一貴の代役としてKuo VANTELIN TEAM TOM’Sの36号車をドライブしたアレジが1分38秒252を記録し初のポールポジションとなった。

翌日の決勝日は朝からサーキットが霧に包まれ、午前中に予定されていたフリー走行もキャンセルされたほかサポートレースのスケジュールも大幅に変更される1日となった。

なんとか雨脚が少ない時にスタートを迎えることができ、ポールポジションのアレジはトップのまま1コーナーを通過。後続でアクシデントがありセーフティカーが導入されたが、レース再開以降も力強い走りをみせ、ポジションをキープした。

しかし、10周目を過ぎたところで急に強い雨が降り始め、霧の影響もあり視界不良に。安全確保のためセーフティカーが導入されたが、13周目のところで赤旗がレース中断となった。その後も天候回復を待ったが、なかなかレースを再開することができず、16時30分に途中終了になることが発表された。

これによりアレジが参戦2戦目にして初優勝を飾った。彼の父は元F1ドライバーのジャン・アレジ氏、母は女優として活躍した後藤久美子さんということで、日本のレース参戦時から注目を集めていた。レース後には早速、後藤久美子さんに電話し喜びを分かち合っていた。

なお、当初は2番手に松下信治(B-MAX RACING TEAM)が入っていたが、スタート手順違反(グリッド位置を越えて停車)があったとして、レース後に5秒のタイム加算ペナルティが与えられることとなり、繰り上がりで阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が2位、松下が3位となった。

  • 吉田 知弘
  • 2021スーパーフォーミュラ第3戦《写真撮影 吉田知弘》
  • 2021スーパーフォーミュラ第3戦《写真撮影 吉田知弘》
  • 2021スーパーフォーミュラ第3戦《写真撮影 吉田知弘》
  • 2021スーパーフォーミュラ第3戦《写真撮影 吉田知弘》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ