ダイヤトーン、17cmセパレート2ウェイスピーカー発売へ ハイエンド振動板で高音質化

テクノロジー レスポンス

三菱電機は、ダイヤトーンブランドの車載用スピーカーの新製品として、17cmセパレート2ウェイ埋め込み型スピーカー「DS-G400」を6月8日より発売する。

新製品はフラッグシップモデル「DS-SA1000」に使用している毎秒6300m(実測)の伝搬速度を持つハイエンド振動板「NCV-R」を、独自の成型手法で薄く成型することでトゥイーターとウーファーの両方に採用。NCV-Rは金属をしのぐ高い伝搬速度と、紙と同等の内部損失を併せ持ち、高音から低音までの幅広い音域において、音色を統一した高精細な音で原音を忠実に再現した。

ウーファーエッジには高性能ウレタン素材を採用することで不要共振を抑え、1〜2.5kHz帯域における音のざらつきを抑え、より鮮明でクリアなヴォーカルを再現する。また、これまでのスピーカー開発で培ってきた技術・ノウハウを用いて、制振素材の貼付位置・大きさを最適化。トゥイーターではブラケットから放射されている不要共振とケースの中の反響音を抑制し、ウーファーでは振動板とキャップの不要共振を抑制することで、聴感上のS/N感が向上し、高音質化を実現した。

価格は11万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ