観光バスの運行で環境配慮…JRバス東北がユーグレナのバイオ燃料を活用

エコカー レスポンス

JRバス東北は5月14日から、宮城県で運行する定期観光バス「仙台お散歩号・松島お散歩号」に使用する2階建てバス(ダブルデッカー車)に、ユーグレナが提供する次世代バイオディーゼル燃料の使用を開始した。

バイオ燃料のバスでの使用は、東北地方では今回が初めて。バイオ燃料は、ユーグレナのバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで製造したものをJRバス東北に提供する。

バイオ燃料は、微細藻類「ミドリムシ」と使用済み食用油を原料に使用し、バス自体の内燃機関を変更することなく使用することが可能。バイオ燃料は、燃料の燃焼段階ではCO2を排出するが、原料のミドリムシも使用済みの食用油の原材料である植物も成長過程で光合成によってCO2を吸収するため、燃料を使用した際のCO2の排出量が実質的にはプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルを実現する。

JRバス東北とユーグレナは、今回の取り組みを通じて、地球環境に配慮したサステナブル・ツーリズムを推進するとしている。

  • レスポンス編集部
  • バイオ燃料を給油《写真提供 ユーグレナ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ