ZMP、データ計測システムのADAS/自動運転向けエントリーパッケージを発売

テクノロジー レスポンス

ZMPは、複数のセンサーを同時に記録開始できるデータ計測システム「ロボデータロガー」エントリーパッケージの販売を5月18日より開始した。

昨今、先進運転支援システム(ADAS)の高度化・複雑化などを受け、自動車および部品メーカーでは、開発段階におけるアルゴリズム・機能の検証、リファレンスデータの取得やテスト走行、市場投入後の走行評価など、膨大な走行データの取得・解析が必要となっている。

ZMPでは、データ計測システム「ロボデータロガー」によりシステム設計・開発工数の削減を支援してきたが、今回、ADAS/自動運転用に特化した「エントリーパッケージ」を176万円というリーズナブルな価格で提供する。

エントリーパッケージは、ADAS/自動運転の研究・開発で必要となる3D-LiDAR、CAN、カメラ、GNSS・IMUなどのセンサー類や、SSD、キーボード、モニターなどデータ計測に必要な機材をパッケージ化。データロガーの設定作業も不要で、購入後、すぐにデータ計測を開始できる。データ計測開始は付属のスイッチボックスを運転席から操作するだけ。システム操作が苦手な一般ドライバーも利用可能。また走行中にスイッチON/OFFすることで合流や渋滞など、特に欲しいシーンのみをピックアップして計測することもできる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 通常のデータロガーと本製品の使用手順比較イメージ《図版提供 ZMP》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ