ZFとモービルアイ、トヨタに初めて先進運転支援システムを供給

テクノロジー レスポンス

ZFとインテル傘下のモービルアイは5月18日、今後数年にわたり、トヨタの複数の車両向けに先進運転支援システム(ADAS)を開発すると発表した。

今回の合意により、モービルアイのテクノロジーを採用する車載カメラを製造しているZFは、中距離用レーダー「Gen21」をトヨタに供給し、トヨタ車におけるカメラとレーダーの統合を担うことになるという。

ZFとモービルアイは、コンピュータービジョンと機械学習ベースのセンシング機能、マッピング(高精度地図)のローカリゼーション、レーンキープやレーントレーシングといった車両制御技術など、道路上の安全性向上に向けた革新的なアプローチを提供している。

今回、ZFとモービルアイは初めて、トヨタにADASシステムを供給する。これにより両社は、その安全技術が使われるエリアを拡大し、世界の道路における安全性とドライバーの利便性をさらに向上させることを目指す。

ZFとモービルアイは緊密に連携し、ZFのレーダー技術とカメラテクノロジーを連動させて、トヨタの先進運転支援システムに搭載する。モービルアイのビジョンコンピューティングのシステム・オン・チップ(SoC)「EyeQ4」を、ZFの中距離用レーダーテクノロジーのGen21と組み合わせて、車両の周囲環境を正確に把握する。これらのテクノロジーを組み合わせることで、横方向と前後方向における高いレベルの車両制御と、衝突の防止と軽減を追求する。

ZFの中距離用レーダーのGen21は、2022年以降にユーロ NCAPの安全性試験で、5つ星評価の獲得と、レベル2およびレベル2+の自動運転機能の実現を目指して設計された77GHzの高性能フロントレーダーだ。自動車メーカーの要件に合わせて拡張でき、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)システムなどをサポートする歩行者検知機能に役立つ低速時の広視野角にも、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムなどの高速時におけるより長距離での検知にも対応する、としている。

  • 森脇稔
  • モービルアイ、トヨタ、ZFのロゴ《photo by ZF》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ