ドラレコ映像からAIが交通事故過失割合を自動算出、セイコーソリューションズが開発

テクノロジー レスポンス

セイコーソリューションズは、市販ドライブレコーダーの録画データから、AIによる分析で簡易な事故形態の判定と基本過失割合の算出ができる「事故状況推定システム」を開発し、5月19日より損害保険会社、共済向けにサービスの提供を開始した。

ドライブレコーダーの普及により、自動車事故の示談交渉で重要となる、正確な事故状況が記録できるようになった。しかし、映像から事故状況を把握するのにはスキルを持った人材と時間が必要となることが、損害保険会社の課題となっている。セイコーソリューションズでは、そうした背景を受け、AIやテレマティクス、DB照会などシステム事業で培ったノウハウを反映した「事故状況推定システム」を開発した。

同システムは、ウタゴエと共同で開発したAI画像処理技術を用い、ドライブレコーダーの録画データから「交差点形態」「自車・相手車の進行方向」「信号機の有無・色」を識別・抽出し、過去の判決事例をもとに作成したデータベースとパターンマッチング。事故形態と基本過失割合、事故状況図を出力する。さらに、事故状況の理解を助ける、3D化した主観・俯瞰視点のシミュレーター映像のダウンロードも可能。これにより、誰でも客観的かつスピーディに事故状況の判定が可能になる。

AI判定によって抽出された事故状況は手入力での補正にも対応し、判定が間違っていた場合の修正も可能。ドライブレコーダー映像がない場合にも、条件を手入力することでデータベースとのマッチングを活用することができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 事故形態判定・情報補正《写真提供 セイコーソリューションズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ