ホンダ ステップワゴン、テールゲートが突然閉まるおそれ 8万8000台を再度改善対策

テクノロジー レスポンス

ホンダは『ステップワゴン』のテールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に再度、改善対策を届け出た。対象となるのは2016年11月14日から2018年8月22日に製造された8万8865台。

ホンダは2018年11月15日、ステップワゴンを含む4車種59万3815台を対象に改善対策を届け出ているが、今回、新たな原因が判明したことから、再度届出を行う。

不具合発生箇所はテールゲートオープンステー。下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部構造が不適切なため、ボールジョイントとボールスタッドを固定するクリップが変形し、浮き上がることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れ、テールゲートが突然降下するおそれがある。

改善措置として、全車両、テールゲートオープンステーおよびボールジョイント外れ防止カバーを新品に交換する。なお、改善対策部品の供給に時間を要することから、暫定措置として、下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部を結束バンドで固定する。

不具合は29件発生、軽傷事故が1件起きている。市場からの情報により届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《写真提供 国土交通省》
  • 対象車両《写真提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ