豊田合成、自動運転対応の次世代セーフティシステムなど出展へ…人とくるまのテクノロジー2021

テクノロジー レスポンス

豊田合成は、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、自動運転に対応した次世代セーフティシステム(コンセプトモデル)などを紹介する。

豊田合成では、CASE・MaaS時代に向けて新たな価値を付与した製品の開発に取り組んでいる。今回の展示会では、自動運転に対応した「次世代セーフティシステム」や、電動車向けの製品として燃料電池自動車(FCV)に搭載される「高圧水素タンク」などを動画やパネルで紹介する。

「次世代セーフティシステム」(コンセプトモデル)は、自動運転時に想定される乗員の姿勢の多様化に対応するため、エアバッグをシートに一体化している。また、「ハンドルモジュール」(コンセプトモデル)は、人とシステムが協調して車を操作するための新たな「ヒューマン・マシン・インターフェイス機能」を付加。カメラとセンサでドライバーの状態を感知する「見守り機能」や、光や振動などでドライバーに情報を伝える「インフォメーション機能」を搭載する。「フロントグリルモジュール」(コンセプトモデル)は、カメラやミリ波レーダなど周辺状況を認識する「センシング機能」や運転状態をLEDの光で周囲に伝える「サイネージ機能」などを搭載している。

電動車向け「高圧水素タンク」は、FCVの主要部品の1つで、水素を高圧(約700気圧)で圧縮して効率的に貯蔵する。同社は新型『MIRAI』向けの高圧水素タンクをトヨタ自動車と共同開発。現在、タンク3本の内、車両後部に搭載される1本の生産を担っている。「冷却配管」(コンセプトモデル)では、電池やモーターを冷水で冷却するゴム・樹脂製の配管システムを提案。車の軽量化にも貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ハンドルモジュール(コンセプトモデル)《写真提供 豊田合成》
  • フロントグリルモジュール(コンセプトモデル)《写真提供 豊田合成》
  • 高圧水素タンク《写真提供 豊田合成》
  • 冷却配管(コンセプトモデル)《写真提供 豊田合成》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ