国内初、「押し歩き機能」搭載の電動アシスト自転車 パナソニックから登場

新車 レスポンス

パナソニックサイクルテックは、国内初となる押し歩き機能搭載の電動アシスト自転車『ビビ・L・押し歩き』を7月6日より発売する。

一般的に電動アシスト自転車はモーターのアシストにより快適に移動ができる反面、その質量により、自転車の押し歩き時に負荷がかかるという課題がある。その中で2019年12月1日に改正道路交通法が施行され、原動機の駆動により押し歩きを補助する自転車についても、歩行補助車等となり、歩行者としてみなされることとなった。改正道路交通法では押し歩き時の駆動速度が6km/h以下であること、乗車装置(サドル)が使えず乗れないこと、自転車から離れると駆動が止まること、という3つの条件が定められている。

この条件を同社では4つのセンサー(サドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサー)による制御で解決。歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで、電動アシスト自転車の押し歩きを補助する機能を、買い物に便利なショッピングシリーズ「ビビ」の中で、高齢者の使用率が高い軽量モデル「ビビ・L」に搭載した。

押し歩き機能はサドル傾斜時に、押し歩き専用の手元スイッチを押している間作動する。スピードセンサーとモーター内蔵センサーはモーター制御で、押し歩く速さが変わった際、歩行速度に合わせてアシスト。また、上り坂や荷物を運ぶ際は、モーター内蔵センサーで負荷を検知し、アシスト力を調整する。ペダルの負荷を検知するトルクセンサーや、サドルが傾斜状態であることを検知するセンサーにより、乗車時は押し歩き機能が作動しない設計となっている。

価格は12万9000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 押し歩き専用手元スイッチ《写真提供 パナソニック》
  • 押し歩き時《写真提供 パナソニック》
  • 乗車時《写真提供 パナソニック》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ