マツダ6 と CX-3、米国導入を終了へ…顧客の嗜好の変化に対応

業界 レスポンス

マツダ(Mazda)の米国部門は5月21日、『マツダ6』と『CX-3』の2車種について、2022年モデルは米国市場に導入しないと発表した。

マツダ6とCX-3の2車種については、現行の2021年モデルの在庫をもって、米国市場での販売を終了する。

マツダは100年以上にわたり、走行性能とデザイン性能を備えた車で、変化する顧客のニーズを捉えてきた。今回、顧客の嗜好が変化していることを受けて、米国市場向けの2車種の廃止を決定したという。マツダ6の2020年(暦年)販売台数は1万6294台で対前年同期比24.7%のマイナス、CX-3は同じく8335台で48.6%のマイナスだった。マツダ全車では27万9076台で0.2%の微増だ。

マツダの米国部門は、この2車種は米国のラインナップから外れるが、性能、デザイン、品質、安全性の面でのマツダブランドへの貢献を誇りに思う、としている。

  • 森脇稔
  • マツダ6(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダ6(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダ6(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダ6(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダ6(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダCX-3(北米仕様)《photo by Mazda》
  • マツダ CX-3(北米仕様)《photo by Mazda》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ