【ホンダ ヴェゼル 新型】発売1か月で受注は3万2000台超、月販目標の6倍以上

新車 レスポンス

ホンダは、4月23日に発売した『ヴェゼル』新型の累計受注台数を発表。発売約1か月後となる5月24日時点で3万2000台を超え、月間販売計画の6倍以上となる好調な立ち上がりとなった。

ヴェゼル新型は、先代から買い替え客を含めたSUVユーザーを中心に、ミニバン、ハッチバック、セダンからの乗り換えなど、幅広い層から支持を得ている。

主な好評点としては、低燃費で滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」、強い存在感と精悍さをあわせもつフロントデザイン、スリークなプロポーションとゆとりの室内空間を実現したパッケージ、進化した最新の安全運転支援システム 「ホンダ センシング」などが挙げられている。

タイプ別構成比は、e:HEVが93%を占める。そのグレード別内訳は中間グレードの「Z」が76%、最上級グレード「PLaY」が12%、ベースグレードの「X」が5%。FF/4WD構成比はFFが81%となっている。

人気カラーのトップ3は、G/e:HEV X/e:HEV Zが「プラチナホワイト・パール」(33%)、「クリスタルブラック・パール」(18%)、「プレミアムサンライトホワイト・パール」(17%)。e:HEV PLaY(2トーン)が「プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック」(6%)、「サンドカーキ・パール&ブラック」(4%)、「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」(1%)。となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ ヴェゼル e:HEV プレイ
  • ホンダ ヴェゼル e:HEV Z
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ