ファーウェイ、自動運転制御ユニットなどを出展…人とくるまのテクノロジー2021

新車 レスポンス

ファーウェイは、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、先進運転支援や電動化技術に貢献する各種製品を紹介している。

ファーウェイの自動車事業であるインテリジェント・オートモーティブ・ソリューション事業部は2019年に設立。製品には30年以上ICT業界で培った技術を自動車部品向けに応用し、フルパッケージのソリューションから、個別の製品まで取り揃えている。

◆モバイルデータセンサー

自動運転の「脳」となるコントローラーユニット。コンピューティング技術を用いて、処理能力は48TOPSから400TOPS超の仕様まで揃えている。これらのバリエーションは高性能車載コンピュータ向けソフトウェアプラットフォーム「Adaptive AUTOSAR」に準拠している。

◆センサー・レーダー・カメラ

ファーウェイのLiDARは、96本のマルチレイヤーで精度の高い検出能力が特徴。内部ミラーのみ回転させる設計で、回転荷重は通常の機械式に比較し10%程度と信頼性のあるロバスト設計。自動クリーニング機能や加熱機能も備え、過酷な環境でも使用可能だ。

レーダーはアンテナとトランシーバー技術、ミリ波ブロードバンドテクノロジーなどがベースとなり、広角な検出範囲、干渉防止、簡単な搭載性が主な特徴。次世代4Dイメージングレーダーには大型アンテナ配列を搭載し、角度解像度や距離精度を高めることでより鮮明になり、交通環境が複雑な市街地にも対応する。

デュアルレンズ・フロントカメラは、視野角(FOV)が業界平均より20%広く、検出範囲が2倍。超広角魚眼カメラでは独自の補正アルゴリズムとHDレンズ設計により誤検知を低減しながら検出範囲を広げる。

◆電動化技術

太陽光発電や通信基地・サーバー用の電力管理技術をベースに、充電・発電・電力変換技術を盛り込み、業界平均に比べ効率や静音性の向上をしながら、小型化・軽量化を達成。車載充電機能は、世界各国で電力を提供してきたデータと実績から安定した性能を発揮する。

◆スマート・コックピット製品群

AR-HUDはフロントガラスを利用しAR・拡張現実を実現。業界トップクラスの視野範囲ながら小型化を達成し、車両搭載スペースを節約ができる。投影技術はフロントガラスへの特殊加工が不要でゴースト像を抑え、システムコストの削減に貢献する。

車載向けオペレーションシステム「HarmonyOS-A」は、スマートフォンとクルマのヘッドユニットの簡単でシームレスな接続を実現。デバイス間のデータ共有を可能にするだけではなく、ドライバーの視線、ジェスチャー認識、音声操作の音源特定、マルチタスクの理解、また意図しない発声の判断などが可能だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • センサー・レーダー・カメラ《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
  • Mobile Data Center《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
  • ファーウェイ(イメージ)《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
  • 電動化技術《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
  • AR-HUD《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
  • AR-HUD《写真提供 ファーウェイ・ジャパン》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ