GM、有人月面探査車を開発…EVと自動運転の技術を搭載、ロッキード・マーティンと協力

エコカー レスポンス

GMは5月26日、ロッキード・マーティンと協力して、次世代の有人月面探査車を共同開発すると発表した。

NASA が2024年までの有人月面着陸を目指す「アルテミス」計画では、宇宙飛行士を月面に着陸させ、有人月面探査車を使用して科学実験を行う。NASAは、宇宙飛行士の探査活動を支える月面地形車両(LTV)の開発を、さまざまな業界に依頼していた 。

NASAを支援するために、GMとロッキード・マーティンは、それぞれが持つテクノロジーやノウハウを応用して、次世代の有人月面探査車を共同開発する。GMからは、電動化戦略によって蓄積してきたバッテリーなどのEVパワートレイン技術や自動運転技術を、次世代の有人月面探査車に搭載。月面でのより安全で効率的な探査活動をサポートしていく。

GMは、1969年のアポロ11号の人類初の月面着陸を含めて、NASAをサポートし、宇宙産業に貢献してきた歴史がある。アポロ11号の月面着陸では、ナビゲーションシステムを手がけた。さらにGMは、アポロ15〜17号ミッションにおいて使用された「LRV(Lunar Roving Vehicle)」の開発にも参画した。

着陸地点から4.7マイル(約7.6km)しか移動しなかったアポロ計画での月面車とは異なり、次世代の月面探査車は、月の南極への移動を計画している。途中には、より険しい地形が待ち受ける。GMは、次世代の月面探査車に、最新の自動運転システムを搭載する、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ