ボルボの自動車保険プラン、独自付帯サービスにドアミラー補償を追加

業界 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボ自動車保険プランの付帯サービスに「ドアミラー補償」を追加し、6月1日より全国の正規ディーラーにて販売を開始した。

ボルボ自動車保険プランとは、ボルボ正規ディーラーを代理店として、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上の3社いずれかの任意保険に加入した際、任意保険の補償内容に加え、ボルボ独自の補償を無償で付帯するオリジナルプラン。2020年末時点で、正規ディーラー利用客の約22%が契約、満期継続率95.8%と高い支持を得ている。

ボルボ自動車保険プランでは、既にガラス補償(フロント/リア)やスモールリペア(いたずら・落書き)、キー補償、タイヤ補償、レンタカー補償、愛犬アクセサリー補償、チャイルドシート補償、歩行者エアバック補償(V40シリーズのみ)が無償で付帯されているが、6月1日より新たにドアミラー補償を追加。事故によってドアミラーに損傷が生じた場合、最大5万円(免責5000円)までの修理費用または交換費用を補償する。付帯する補償サービスを使用しても翌年の等級への影響はない。また、既にボルボ自動車保険プランに加入者は手続きなしで同じく6月1日より「ドアミラー補償」が自動付帯となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ