トヨタ シエンタ、ブラックアイテム装備の特別仕様車発売---安全機能も充実

新車 レスポンス

トヨタ自動車は、コンパクトミニバン『シエンタ』を一部改良するとともに、特別仕様車「G セーフティエディションII」「ファンベース G セーフティエディションII」を設定し、6月2日より販売を開始した。

今回の一部改良ではコンライト(オートライト)を全車標準装備に拡大設定した。価格は181万8500円から258万円。

特別仕様車セーフティエディションIIは、外装にはブラック加飾を施したアウターミラーやホイールキャップを、内装にはブラックでまとめたインテリアを特別装備。また、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラを含むナビレディパッケージを装備し、安全性と利便性を高めた。

ボディカラーは特別設定色グレイッシュブルーを含む5色を設定。価格は211万円から251万7000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ シエンタ X(ハイブリッド車・7人乗り)(ブラックマイカ×エアーイエロー)<オプション装着車>《写真提供 トヨタ自動車》
  • ドアミラーカバー(ブラック加飾)《写真提供 トヨタ自動車》
  • ホイールキャップ(ブラック加飾)《写真提供 トヨタ自動車》
  • バックカメラ《写真提供 トヨタ自動車》
  • ブラックインテリア(インストルメントパネル&アッパーボックス)《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ