ロータスの新型スポーツカー『エミーラ』のティザー…デジタルコックピット採用へ 実車は7月発表

新車 レスポンス

ロータスカーズは6月7日、7月6日にワールドプレミアする予定の新型スポーツカー、ロータス『エミーラ』(Lotus Emira)のティザーイメージを公開した。

エミーラは、2021年内に生産を終了する『エリーゼ』、『エキシージ』、『エヴォーラ』の後継モデルとして、開発が進められている次世代のスポーツカーだ。エミーラには3種類のスポーツカーが用意され、それぞれにエリーゼ、エキシージ、エヴォーラの後継車の役割が与えられるという。

エミーラのパワートレインには、新しいパートナーシップによる複数の内燃エンジンが搭載される。ロータスが内燃エンジン搭載車を発表するのは、これが最後になる。今回のパワートレインはロータスにとって新しいものとなり、高い効率を備えたテクノロジーを採用し、ロータスならではのドライビング体験を提供するようにチューニングが施されているという。

デザインには、EVハイパーカーの『エヴァイヤ』のモチーフが取り入れられる。また、エミーラは、ロータスブランドによる製品主導のイニシアチブを具現化するモデルとして、現代的なデザイン、高効率なパワートレイン、日常の使い勝手、優れたパフォーマンスを融合しているという。

ロータスカーズは、このエミーラのティザーイメージを公開した。ドライバー正面のメーターはフルデジタル化されており、速度やエンジン回転数、選択ギアなどの情報が表示されているのが見て取れる。

  • 森脇稔
  • ロータス・エミーラ のティザーイメージ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エミーラ のティザーイメージ《photo by Lotus Cars》
  • ロータス・エミーラ のティザーイメージ《photo by Lotus Cars》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ