日本交通、新型コロナワクチン職域接種実施へ タクシー乗務員を中心に1万人規模

業界 レスポンス

日本交通は、ハイヤー・タクシー乗務員を中心に、1万人規模で新型コロナウイルスワクチン職域接種を実施すると発表した。

日本交通は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を開始する政府発表方針に沿い、ワクチンの職場接種に協力することを決定。日本交通独自の健康保険組合である「日本交通健康保険組合」との連携のもと、政府方針に沿った運営体制を確認し、政府よりモデルナ社製ワクチンの配布を受け次第接種を実施する予定だ。

開始予定日は6月21日。本社、銀座営業所、板橋営業所、赤羽営業所、千住営業所、加島営業所(大阪市西淀川区)を予定

タクシー事業者は緊急事態宣言下でも「国民生活・国民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者」として国土交通省より事業の継続が求められている。

ハイヤー・タクシー業界にて率先してワクチン接種に取り組むことで、新型コロナウイルス感染症の早期収束に貢献しつつ、社員、乗客ともにより安全・安心に乗車できるハイヤー・タクシーの運行に努めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ