ヤマハ発動機、スマート農業ソリューション開発へ…豪州スタートアップと共同で

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は6月9日、豪州のスタートアップ The Yield社とスマート農業に関する共同開発契約を締結し、デジタル技術とロボティクスを活用したスマート農業ソリューションにより生産性向上を目指すと発表した。

The Yield社は、デジタル技術を活用して農業分野の課題解決を目指す豪州のスタートアップ企業。同社の開発した「Sensing+」はセンサーとデータ分析を組み合わせることで、薬剤散布やかんがい、収穫など、農業における重要作業のタイミング決定を支援するソリューションを提供している。

今回の共同開発は、画像データ収集を通じた作物の生育状況把握による収穫量予測モデルの精度向上と、局地気象データとロボティクス技術の組み合わせによる自動薬剤散布の効率最適化が狙い。

ヤマハ発動機の農業用UGV(無人走行車両)や農作業自動化技術と、The Yield社の持つIoT、データサイエンス、AI技術を組み合わせた新たな農業自動化ソリューションの技術開発を目指し、スマート農業分野の事業開発を推進する。

さらに大手ワインメーカーである豪州・トレジャリー・ワイン・エステーツ社とも連携。豪州および米国西海岸の圃場で多くのデータ収集・実験を実施することで、開発スピードと精度の向上を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 夜間でもデータ収集が可能なUGV《写真提供 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ