ルノー、フランス3工場をEV子会社に再編…2025年までに年間40万台生産へ

業界 レスポンス

ルノーグループ(Renault Group)は6月9日、フランス国内の3工場をEV子会社に再編し、2025年までに年間40万台のEVを生産すると発表した。

ルノーグループは、CO2排出量を削減する取り組みの一環として、2040年に欧州で、2050年に全世界で、カーボンニュートラルを達成することを目指している。

この目標の達成に向けて、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車の販売台数をさらに増やす。ルノーブランドの欧州新車販売に占める電動車の割合を2025年までに65%、2030年には90%に引き上げる計画だ。

ルノーグループはこの計画に沿う形で、フランス国内の3工場をEV子会社に再編する。3工場は、ドゥエー、モーブージュ、ルイッツ。ルノーグループはこれら3工場をEVの生産拠点に改修し、2025年までに年間40万台のEVを生産することを目指す。

ルノーグループは、EV子会社を「ルノーエレクトリシティ」と命名した。3工場をヨーロッパで最も競争力のある効率的なEVの生産拠点にする、としている。

  • 森脇稔
  • ルノー・トゥインゴ Z.E.《photo by Renault》
  • ルノー・カングー Z.E.《photo by Renault》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ