BMWやVW、量子コンピューターを産業利用へ…コンソーシアム設立

テクノロジー レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は6月10日、量子コンピューターの産業利用を目的として、フォルクスワーゲングループなどドイツの合計10社がコンソーシアムを設立した、と発表した。

量子コンピューターは、次世代の高速コンピューターだ。従来のスーパーコンピューターよりも非常に速く、非常に複雑なタスクを解決することができる。

この量子コンピューターの産業利用を目的として、BMWグループやフォルクスワーゲングループなど、ドイツの合計10社がコンソーシアムを設立した。コンソーシアムの名称は、「QuantumTechnology and Application Consortium(QUTAC)」。BMWグループ、フォルクスワーゲングループ、ボッシュ、BASF、シーメンスなど、ドイツ企業10社が参加している。

10社のうち、フォルクスワーゲングループは、グーグルと提携し、量子コンピューターの研究開発に取り組んでいる。すでに量子コンピューターを活用して、交通の流れを最適化する世界初の試験プロジェクトを、ポルトガル・リスボン市内で実施した。

BMWグループ取締役会のオリバー・ツィプセ会長は、「量子コンピューターは、最も有望な将来のテクノロジーのひとつ。素材の研究から自動運転まで、幅広い分野に革命を起こすことができる。QUTACによって、量子コンピューターの大きな可能性を、最大限に活用できるようにしていく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ