柏の葉スマートシティに自動運転車などのテストコースを新設

テクノロジー レスポンス

三井不動産は6月10日、公民学連携で街づくりを推進している柏の葉スマートシティ「イノベーションキャンパス地区」内の135街区で開発途上のモビリティ開発をサポートする「コイルモビリティフィールド」を6月15日にオープンすると発表した。

施設は自動運転やマイクロモビリティ、ドローンなど、成長が期待される日本のロボット関連産業で課題とされてきた開発中のロボットを安全に使い勝手よくテストできる開発検証フィールドとなる。

柏の葉ではこれまで多くの実証実験やロボット開発の相談が寄せられてきたが、公道を利用する開発検証や実証実験は行政などとの手続きに時間がかかることが多い。施設の整備によってサービス実証フィールドである「イノベーションフィールド柏の葉」におけるプロジェクト受け入れ体制が強化される。

施設は全長400m、幅員7mで自動運転や走行中ワイヤレス給電、歩行者支援ロボットなどの開発に活用できる「モビリティサーキット」や、ドローン開発向けの「ドローンフィールド」、コントロールルームとして活用できる「作業室(トレーラーハウス)などで構成するj。

  • レスポンス編集部
  • コイルモビリティフィールドの施設構成《写真提供 三井不動産》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ