再生古紙から次世代バイオエタノール製造へ 凸版印刷×ENEOS

業界 レスポンス

凸版印刷とENEOSは6月14日、古紙を原料としたバイオエタノール事業について、協業の検討を開始したと発表した。

今秋のバイオエタノール事業では、通常の再生紙だけでなく、リサイクルが難しい難再生古紙も、凸版印刷がバイオエタノールの原料として最適化し使用する。また、ENEOSが開発したエタノール連続生産プロセスを採用。製造工程で原料をつぎ足しながらエタノールを抽出し、連続的に製造することで製造効率を高める。

バイオエタノールを原料とするバイオ燃料は、植物等を原料として製造されるため、原料製造から燃料燃焼までのライフサイクルアセスメント(LCA)でのCO2排出量が少ない燃料だ。サトウキビやコーンなどの可食原料を由来とするバイオエタノール製造は食糧との競合や調達が天候に左右されるといった課題があるが、古紙などの非可食セルロース由来のバイオエタノールを原料とすることで、食糧との競合回避や安定的な原料確保も期待できる。

本事業では、小規模での検証テストによるデータ等を基に採算性や環境性能の評価を実施し、2027年以降の事業化を目指す。将来的には自治体からの古紙回収も検討。製造したバイオエタノールは、バイオガソリン、バイオジェット燃料、バイオケミカルの原料として販売することを検討していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ