ジープ、スマホ向けナビアプリでオフロードアクセスを支援…米2021年型

テクノロジー レスポンス

ジープ(Jeep)ブランドは6月10日、オフロードナビゲーションアプリの「onX Offroad」を、米国の2021年モデルの顧客向けに導入すると発表した。

onX Offroadアプリは、初心者と上級者の両オフロードファン向けに開発された。キャンプ場、非エタノール燃料ステーション、美しい景色など、延べ55万マイルのオフロードと50万か所のレクリエーションポイントを紹介している。

onX Offroadアプリの旅行計画機能を利用すると、ユーザーはオフロードの詳細を調べたり、難易度と立ち入り可能期間を確認したり、ルートの写真を見たりすることができる。信頼性の高いオフラインマップにより、ユーザーは、携帯電話の電波が届かないエリアでも、安全に目的地に行き、帰宅することができる。ユーザーは友人を冒険に招待し、忘れたくない場所にマークを付けることも可能だ。

2021年モデルのジープの顧客は、「ジープウェーブカスタマーケアプログラム」を通じて、onX Offroadアプリを6か月間、無料で利用できる。

ジープは、ブランドとonXOffroadアプリを組み合わせることにより、ジープのコアなファンから、初めてオフロードに行くユーザーまで、顧客がオフロードに向かうのが簡単になり、アクセス性が向上する、としている。

  • 森脇稔
  • オフロードナビゲーションアプリの「onX Offroad」《photo by Jeep》
  • オフロードナビゲーションアプリの「onX Offroad」《photo by Jeep》
  • ジープのオフロード走行イメージ《photo by Jeep》
  • ジープのオフロード走行イメージ《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ