米マキシム、ADAS向け車載用ウィンドウ電圧モニタを発表…内蔵セルフテスト搭載

テクノロジー レスポンス

米マキシム社は6月14日、先進運転支援システム(ADAS)向けに、複雑性を低減しソリューションサイズを縮小できる内蔵セルフテスト(BIST)搭載のシングルウィンドウ電圧モニタ「MAX16137」を発表した。

このウィンドウモニタICは、低電圧と過電圧の両レベルのウィンドウを1%の精度でモニタすることで強固な保護を実現するとともに、高度なセルフテストおよびリセット機能を提供。システム全体にわたる機能安全を短期間で実現する。また、MAX16137はソリューションサイズを半減。設計の複雑性を低減する。

機能安全規格は自動車設計の方向性を決定付ける指針となっており、電圧モニタは電源の健全性をレポートする上で重要な役割を果たしている。さらに、これらのシステムはセルフテスト回路を内蔵して信頼性の高い動作を保証する必要がある。MAX16137は、電源の診断機能とそのセルフテストの両方をチップレベルで提供。ADASなどの自動運転用途にて、システム全体にわたる機能安全の短期間での実現を支援する。

MAX16137のBIST機能は外部回路の必要なく監視回路の機能をチェックするため、設計の複雑性を低減。その結果、MAX16137は類似の競合ソリューションに比べてサイズを50%縮小する。監視回路ICは、インフォテインメント、ボディエレクトロニクス、電源、電気自動車の電力パワートレイン、IoTシステムなど、さまざまな車載用システムの設計に組み込むことができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ