ポルシェ 911GT3 ツーリングパッケージ 新型、2296万円で受注開始…控えめな高性能モデル

新車 レスポンス

ポルシェジャパンは、新型『911 GT3ツーリングパッケージ』(Porsche 911 GT3 with Touring package)の予約受注を6月16日より開始した。価格は2296万円。

ツーリングパッケージの名称は、1973年モデルの『911カレラRS』に用意された仕様がルーツ。当時は純粋な911デザインとクラシックなインテリア装備に焦点が当てられていた。ポルシェは2017年、再びこのアイデアを復活させて、先代の911 GT3にツーリングパッケージを設定した。911GT3は6速MTのみとなるが、今回発売するツーリングパッケージでは同金額で7速PDKも選択できる。

エクステリアでの最大の特徴は、GT3の象徴とも言える固定式リヤウイングの廃止。ツーリングパッケージではこれに代わり自動展開するリアスポイラーが、控えめな表現で高速走行時に必要なダウンフォースを確保する。

エンジンをカバーするリアリッドグリルには、「GT3 touring」ロゴを配置。サイドウインドウとスポーツエグゾーストシステム テールパイプのトリムストリップはシルバーカラーとした。オプションのエクステリアツーリングパッケージでは、これらがサテングロスブラックとなり、ヘッドライトモジュールはダークティンテッドに変更となる。

ブラックのエクステンデッドレザーアイテムを使用したインテリアは、911 GT3ツーリングパッケージ仕様車専用。ステアリングホイールリム、ギア/セレクターレバー、センターコンソールカバー、ドアパネルアームレスト、ドアハンドルをブラックレザーで覆い、クラシックスポーツカーの雰囲気を演出する。

シートセンターパネルはブラックファブリック仕上げで、ルーフライナーもブラック。ヘッドレストには、ポルシェエンボス クレストをあしらい、ドアエントリーガードと、ダッシュボードとセンターコンソールのトリムエレメントは、ブラックブラッシュアルミニウム仕上げとなる。

ツーリングパッケージでも、911 GT3のほぼすべてのオプション装備を提供するほか、特別なクロノグラフも設定する。ローターは車両のホイールデザインを想起させ、車両のコンフィギュレーションに応じて6つの異なるバージョンを用意。文字盤はマットブラック仕上げで、蛍光イエローのクロノグラフ針はレブカウンターのカラーと一致している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
  • ポルシェ 911 GT3 新型の「ツーリングパッケージ」《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ