三菱ケミカル、フェノール樹脂使用の高耐熱性CFRPを開発

テクノロジー レスポンス

三菱ケミカルは6月17日、軽量性や剛性と高耐熱性を両立した炭素繊維複合材料(CFRP)を開発したと発表した。

軽さと強度を兼ね備えるCFRPは、軽量化要求が高まる航空機や自動車などのモビリティや、産業機械などで、今後ますます需要が高まることが見込まれている。一方、汎用性が高いエポキシ樹脂をベースにしたCFRPは耐熱温度が100〜200度と低く、多様化する顧客ニーズを十分に満足できない場面もあった。

開発品は、ベース樹脂としてフェノール樹脂を使用することで、300度でも物性が低下しない高い耐熱性を実現。CFRPの特長である高熱伝導性、高剛性、軽量性に加えて高耐熱性を付与することで、これまで解決が難しかった課題へのソリューション提供が可能となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 使用例《写真提供 三菱ケミカル》
  • 使用例《写真提供 三菱ケミカル》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ