ウーブン・キャピタル、米国の車両フリートソフトウェアプラットフォーム開発企業に出資

業界 レスポンス

グローバル投資ファンド、ウーブン・キャピタルは6月17日、フリート事業のデジタルトランスフォメーションおよびIoTオートメーションのプラットフォーム企業、米国Ridecell社に出資を行ったと発表した。

ウーブン・キャピタルは、世界最先端の安全でスマートなモビリティの創造を目指すウーブン・プラネット・グループの一角を担うグローバル投資ファンドとして2021年1月に設立。モビリティ、自動化、人工知能、データアナリティクス、コネクティビティ、スマートシティ等の分野におけるグロースステージの企業が対象で、運用総額は8億米ドル(約810億円)。

Ridecell社はフリート事業におけるデジタルトランスフォメーションを推進している企業。同社が提供するオートメーションやモビリティプラットフォームは、データからのインサイトとデジタルなフリート車両制御を組み合わせ、既存のマニュアルな作業を自動化されたワークフローに変えることで、フリート事業の先進化・収益化を実現する。シェアードサービス、社用車、レンタカー、物流車両の効率を大幅に改善し、デジタルでコントロールできるようになる。同社のプラットフォームは米国・欧州で、AAAのGig Car Share等、様々なフリート事業に活用されている。

ウーブングループでは、今回の投資に加え、今後モビリティサービスの分野にて、Ridecell社との協業も検討していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Ridecell Card Access《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Fleet IoT《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Fleet IoT Automation Uses《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Logistics《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Logistics Last Mile《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Phone Unlock《写真提供 トヨタ自動車》
  • Ridecell Shared Mobility《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ