ジープの新型車、オフロード性能追求か…ティザー

新車 レスポンス

ジープ(Jeep)ブランドは6月22日、「新型車のサイン」と題したティザーイメージを公開した。ティザーイメージは、オフロードに立てられた標識で、「40.4」の数字が確認できる。

現行のジープブランド車で、最もオフロード性能に優れるモデルが、『ラングラー』だ。ラングラーは米国仕様の2ドア「ルビコン」場合、アプローチアングルは44度、ランプブレークオーバーアングルは27.8度、デパーチャーアングルは37度の性能を持つ。

ティザーイメージの「40.4」の数字は、ジープ車のイラストの車体後方を指していることから、ランプブレークオーバーアングル、またはデパーチャーアングルを意味していると見られる。

「40.4」の数字は、新型車のオフロード性能の高さを誇示している可能性がある。

A sign of things to come. pic.twitter.com/IVD2UwNbpk— Jeep (@Jeep) June 21, 2021

  • 森脇稔
  • ジープ・ラングラー・ルビコン 392(参考)《photo by Jeep》
  • ジープ・ラングラー・ルビコン 392(参考)《photo by Jeep》
  • ジープ・ラングラー・ルビコン 392(参考)《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ