米トヨタ、自動運転シャトルサービスを開始…5台のレクサス RX を運行

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は6月22日、「メイモビリティ」と提携を結び、インディアナ州で無料の自動運転シャトルサービスを開始すると発表した。

この自動運転シャトルサービスは、平日の午前7時から午後7時まで運行する。このサービスは一般向けに無料で実施され、5台のレクサス『RX 450h』を使用する。

インディアナポリスには9か所の乗降場所が設けられた。自動運転シャトルは、10〜15分間隔で到着する。利用者はGoogleマップで移動計画を立てたり、シャトルの場所の最新情報をライブで確認したりすることができる。QRコードをスマートフォンなどで読み取れば、シャトルの運行ルートなどに関して、詳しく知ることも可能だ。

自動運転シャトルサービスを一般向けに開始する前に、メイモビリティはインディアナポリスの住民とインディアナポリス500レースウィークのゲストに、インディアナ州議会議事堂周辺の10分間のデモ乗車を実施した。 60人以上の参加者が、レクサスRX450hで自動運転シャトルサービスを体験した。

なお、次の段階として、メイモビリティはインディアナ州フィッシャーズにおいて、自動運転シャトルサービスを11月に開始する予定、としている。

  • 森脇稔
  • 米トヨタと「メイモビリティ」の自動運転シャトルサービス用車両のレクサスRX 450h《photo by May Mobility》
  • 米トヨタと「メイモビリティ」の自動運転シャトルサービス用車両のレクサスRX 450h《photo by May Mobility》
  • 米トヨタと「メイモビリティ」の自動運転シャトルサービス用車両のレクサスRX 450h《photo by May Mobility》
  • 米トヨタと「メイモビリティ」の自動運転シャトルサービス用車両のレクサスRX 450h《photo by May Mobility》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ