【MotoGP 日本GP】開催中止---状況ゆるさず、2回連続

モーターサイクル レスポンス

モビリティランドは6月23日、ツインリンクもてぎで開催予定だった二輪レースのMotoGP日本GP=「2021 FIM MotoGP世界選手権シリーズ日本グランプリ」について、2021年の開催中止を発表した。本年度は10月1〜3日に開催予定だった。

今シーズン後半のスケジュールを進める上で、10月に開催するMotoGP日本グランプリは、6月中旬の開催判断が必要だった。モビリティランドの田中薫代表取締役社長によると「現時点の国内外の移動・滞在に関する状況を考慮すると、中止の判断をせざるをえない」という結論だ。

モビリティランドはプロモーターであるドルナスポーツ社とも協議した。ドルナスポーツのカルメロ・エスペレータCEOは「最高峰クラスに日本メーカーが参戦している世界選手権において、日本はこのスポーツの礎(いしずえ)となる重要な国だ。我々にも大変悲しいことではあるが、2022年にもてぎに戻るという決断をした」と語る。

MotoGP日本GPの中止は2020年もてぎ戦に続いて2回連続。

なおモビリティランドは、鈴鹿サーキットで開催予定のF1日本GP(10月10日決勝)と鈴鹿8時間耐久ロードレース(11月7日決勝)については、開催に向けた準備を進めているという。

  • 高木啓
  • 2019年MotoGP日本《写真提供 モビリティランド》
  • 2019年MotoGP日本表彰台。優勝はマルク・マルケス選手《写真提供 モビリティランド》
  • 2019年MotoGP日本表彰式《写真提供 モビリティランド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ