三菱ふそう×ウーブンアルファ、高精度地図を用いた先進運転支援技術を共同研究

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車傘下のウーブンアルファと三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は6月23日、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム「AMP:Automated Mapping Platform)を用いた共同研究を開始すると発表した。

今回は、ウーブンアルファにとって、トヨタグループの枠を超えた商用車メーカーとの共同研究となる。両社は、高度な先進運転支援技術を用いた新たな安全機能の研究と、新機能を搭載した商用車による実証実験を行い、さらなる安全の向上をめざす。

先進運転支援や自動運転には、主に費用の観点から、これまでカーナビゲーション用の地図情報が使われてきた。しかし、道路や車線、信号や道路標識などに変更があった場合には、速やかにその変化を検出し、地図への反映が必要。地図情報の更新頻度や精度の低さが課題となっていた。ウーブン・アルファが開発するAMPは、道路を走行する一般車両からのデータや、衛星・航空写真のデータ等を使って高精度地図を生成。費用を抑えながら地図の更新頻度やカバレッジを向上させ、これらの課題を解決をめざしている。

ウーブンアルファとMFTBCは、今回の共同研究にて、既に10以上の実証項目を検討しているが、まず第1弾として、AMPの高精度地図をMFTBCが開発するカーブ進入時速度超過警報装置「ECSW:Entering Curve Speed Warning」に実装し、同装置を搭載したMFTBCの大型トラック『スーパーグレート』」を走行させる実証実験を行う。

実証実験では、車両の状態に応じて適切なタイミングでドライバーに急カーブへの進入を予告し、安全な速度までの減速を促す機能を検証する。道路や車線の状況を予測する機能は、商用車による事故を防ぐために特に重要な機能。低コストで高精度な地図を高頻度で更新するAMPをセンサー情報として活用し、システムの冗長性とドライバーの道路状況認識を高め、商用車の安全性の向上をめざす。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱ふそう大型トラック《写真提供 トヨタ自動車》
  • 三菱ふそう大型トラック《写真提供 トヨタ自動車》
  • 三菱ふそう大型トラック《写真提供 トヨタ自動車》
  • AMPロゴ《写真提供 トヨタ自動車》
  • ウーブン・アルファ、三菱ふそうのAMPを用いた共同研究《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ