豊田合成、国内3拠点の電力を再エネ由来に切り替え---2025年度までにCO2排出量25%削減へ

業界 レスポンス

豊田合成は6月23日、本社・いなべ工場・みよし物流センターの使用電力をすべて再生可能エネルギー由来に切り替えたと発表した。

これまで進めてきた生産技術革新や高効率設備の導入などの省エネ活動による電力総使用量の低減や、太陽光・風力を活用した発電設備の自社導入に加え、今回のグリーン電力購入によって3拠点のCO2排出量を3363トン削減。豊田合成は今後、他の工場にも順次適用することで、2025年度までにCO2排出量を25%削減する計画だ。

同社は、2030年までに「CO2排出量を50%削減(2015年度比)」、2050年までに「CO2排出量をゼロ」とする環境目標を掲げており、今後もカーボンニュートラルに向けた、様々な環境施策に積極的に取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • CO2排出量削減のイメージ《図版提供 豊田合成》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ