ケンウッド、三井住友海上の新自動車保険に360°撮影対応の通信型ドラレコを供給

テクノロジー レスポンス

JVCケンウッドは、三井住友海上が2022年1月より販売を開始する自動車保険「見守るクルマの保険(プレミアム ドラレコ型)」に同社製通信型ドライブレコーダーを供給すると発表した。

JVCケンウッドは、三井住友海上が2019年1月から販売を開始した「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」に通信型ドラレコを供給している。同保険は自動車保険に専用通信ドラレコを活用したサービスを組み合わせた商品。前方衝突・車線逸脱・高速道路逆走等を未然に防ぐ「安全運転支援アラート」や、「事故緊急自動通報サービス」、ドラレコ型AI事故状況説明システム「Ai's(アイズ)」によりスムーズな事故処理を実現し、事故の影響を減らし回復を支援する。

今回、三井住友海上が「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の機能・サービスを大幅に向上させた「見守るクルマの保険(プレミアム ドラレコ型)」を販売開始するにあたり、JVCケンウッドは新機能を追加した新たな通信型ドラレコを供給する。

新たな通信型ドラレコは、本体を2カメラ一体型とすることで、業界初となる360度撮影に対応。車両の側方・後方も撮影できるだけでなく、インカメラでわき見運転等を検知し、アラート機能でドライバーの安全運転も支援する。また、ドラレコ本体の緊急通報ボタンを押すことで、いつでも三井住友海上のオペレータと通話ができるほか、事故など有事の際にはドラレコ本体を取り外し、車外の安全な場所からコールセンターと通話可能。さらに業界最長クラスの長時間の駐車監視機能も搭載する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ