ロジクール×マクラーレン、世界最大規模のeモータースポーツ大会開催…オンライン予選の受付開始

モータースポーツ レスポンス

ロジクールとマクラーレンレーシングは、レースゲーム「プロジェクトカーズ2」を使ったeモータースポーツ大会「ロジクール マクラーレン Gチャレンジ 2021」の開催を発表。オンライン予選の受付を開始した。

Gチャレンジはモータースポーツをより身近な存在とし、次世代のレーサーを発掘するために世界最大規模で開催。4回目となる今回もマクラーレンとパートナーシップを結び、米国、ラテンアメリカ、欧州、日本を含むアジア・パシフィックの4地域で行う。

今回は、プロのレーサーからもそのリアル感が高く評価されている「iRacing」と「Assetto Corsa Competizione」の2タイトルを追加し、競技タイトルを3部門制に拡大。iRacingではオープンホイール部門とストックカー部門、「Assetto Corsa Competizione」ではスポーツカー部門を開催する。また新たな試みとして、7月8日午前4時(日本時間)にマクラーレンF1ドライバーのランド・ノリスと、NASCARドライバーのウィリアム・バイロンなどが参加するプロアマエキシビションレースを開催し、その模様をTwitchで配信する。

オンライン予選は各部門ごとに7月から11月にかけて行い、タイムトライアルとシーズンポイントで順位を競う。各シーズンの上位者は各地域で行われるリージョナル・セミファイナルへの出場権を獲得。日本からの通過者は秋頃に開催されるアジア・パシフィック地域のリージョナル・セミファイナルに進む。

リージョナル・セミファイナルの上位入賞者には、2022年1月に米国ラスベガスで開催されるグランドファイナル・ウィークエンドへの3泊4日の旅を贈呈。スーパーカーを運転したり、プロのレーサーに会うこともできる。そしてグランドファイナル・ウィークエンド優勝者は、マクラーレンの舞台裏を知る英国ロンドンへの旅行に招待。マクラーレンテクノロジーセンターの見学やマクラーレンF1ドライバーのランド・ノリスによる指導、マクラーレンのスーパーカーの運転、F1イギリスグランプリ2022のVIP体験を用意する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ