指を近づけるとアイコンが拡大…「静電ディスプレイパネル」を開発 東海理化とアルプスアルパイン

テクノロジー レスポンス

東海理化とアルプスアルパインは6月24日、カーナビゲーションシステムやヒーターコントロールスイッチなど各種提示情報の直感的な操作を可能とする次世代HMI製品「静電ディスプレイパネル」を共同開発したと発表した。2024年の実用化に向けて提案する。

今回共同開発した「静電ディスプレイパネル」は、ホバー&ジェスチャー操作を可能とした入出力ディスプレイと振動フィードバック技術を搭載したタッチ操作部で構成する表示・操作用の次世代HMI製品。指を近づけるとディスプレイ内の操作したいアイコンが拡大し、さらに指を近づけるとサブメニューが出現する。

アイコンを狙うことなく、簡単なジェスチャー操作(手払い)による「戻る」や「HOME」画面へのショートカットを選択できる。操作内容に応じた多彩な触覚フィードバックにより、直感的な操作が可能となる。

両社がタッチパッドの開発で培ってきた静電容量検出技術や振動による触感フィードバック技術などを活かすことで、開発した。ドライバーの画面注視を最小限に抑え、安全に貢献する。

両社は2024年の実用化に向けて自動車メーカーへの提案を進める。

  • レスポンス編集部
  • 次世代HMI製品「静電ディスプレイパネル」《写真提供 東海理化》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ