トヨタ グランエース、助手席可倒式ヘッドレストを標準装備…後席からの視界確保

新車 レスポンス

トヨタ自動車は、フルサイズワゴン『グランエース』に助手席可倒式ヘッドレストを標準装備するなど、を一部改良し、6月28日より販売を開始した。

グランエースは、『アルファード』より一回り大きな、全長5300mm、全幅1970mmのフルサイズワゴン。4列シート8人乗り仕様の「G」と3列シート6人乗り仕様の「プレミアム」の2種類を設定する。3列シート6人乗りでは、ゆとりある後席スペースを確保したまま、約90リットルのスーツケースを立てて積載できるなど、収納力にも優れている。

今回の一部改良では、助手席可倒式ヘッドレストを標準装備とし、後席からの広い視界を確保。また、助手席の運転席側肩口にパワーシートスイッチを追加し、ドライバーによる助手席のシート操作を容易にした。

価格は620万円から650万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ グランエース G《写真提供 トヨタ自動車》
  • 助手席可倒式ヘッドレスト《写真提供 トヨタ自動車》
  • 助手席肩口パワーシートスイッチ(シートスライド&リクライニング)《写真提供 トヨタ自動車》
  • トヨタ グランエース プレミアム《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ