スマートドライブ×JVCケンウッド、AI搭載通信型ドラレコ対応法人向けテレマティクスサービスプラットフォームを提供開始

テクノロジー レスポンス

スマートドライブはJVCケンウッドと業務提携し、AI搭載通信型ドライブレコーダー対応法人向けテレマティクスサービスプラットフォームを8月より提供開始すると発表した。

今回の業務提携では、スマートドライブが提供する「モビリティデータプラットフォーム」とJVCケンウッドが提供するAI搭載型ドライブレコーダーをデータ連携。自動車メーカーや保険会社・物流企業・カーリース会社など、法人向けにテレマティクスサービスを提供する企業に対し、ハードウェアからクラウドサービスまで、ワンストップでのサービスプラットフォームの提供が可能となった。

また、JVCケンウッドのAI搭載通信型ドライブレコーダーは、スマートドライブのクラウド車両管理サービス「スマートドライブ フリート」やエンタープライズ向けデータ分析サービス「モビリティデータアナリティクス」などにも活用できるようになった。スマートドライブ フリートは、営業や配送・運送の車両をWebやスマートフォンでリアルタイムに管理するサービス。交通事故や保険料削減のサポート、稼働率などの分析レポートの提供、日報の自動化や各種通知機能など、幅広い業種で事業活動の効率化に貢献する。また、モビリティデータアナリティクスは走行データと他データをかけあわせて分析・可視化。新規サービスの創出など、多くの企業が様々な取り組みに活用している。

JVCケンウッド製AI搭載通信型ドライブレコーダーは、LTE回線を用いた通信機能を搭載するだけでなく、AI(ディープラーニング)を用いて学習したデータをもとに、車線逸脱警告や前方衝突警告などのADAS(先進運転支援システム)や、居眠り検知や脇見検知などのDMS(ドライバー・モニタリング・システム)の提供を実現している。

スマートドライブとJVCケンウッドは、両社の知見と強みを活かし、モビリティに関わる企業の課題解決に向けた協業ソリューションの開発・提供を目指し、連携を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ