スマートドライブ Wi-Fi Hub 提供開始、リアルタイムの温度管理でワクチン輸送にも貢献

テクノロジー レスポンス

スマートドライブは、輸送する荷物の温度管理など各種車載IoTシステムとのリアルタイム連携を実現する「スマートドライブ Wi-Fi Hub」を開発し、提供を開始した。

従来、車両に搭載されている温度・湿度センサー、荷重を計るセンサーから得られたデータは、通信環境のある場所に移動してインターネットに接続するか、スマホや携帯の通信機器を使用することで、クラウド上にアップロードする必要があった。

スマートドライブ Wi-Fi Hubは、GPS内蔵デバイスをシガーソケットに挿し込むだけで車内をWi-Fi環境化。各種車載センサーから得られる情報をリアルタイムにクラウド上にアップロードし、さまざまなIoTシステムとの連携を実現する。さらに同社のクラウド型車両管理サービス「スマートドライブ フリート」と連携させることで、荷物の温度や湿度、荷重の状況などと、車両の位置・走行状況を同時に管理できるようになる。

スマートドライブ Wi-Fi Hub用のデバイスは工事不要。シガーソケットに挿し込むだけで利用可能となっており、関連会社の車両や委託業者の管理も手軽に行える。

このソリューションは、昨今ワクチン輸送でも話題になった「輸送時における荷物の温度管理」での利用や、コールドチェーン(低温物流体系)の構築、2021年6月から義務化される「HACCP(危害要因分析必須管理点)」対応への活用などが想定される。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ