アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターやナビゲーションシステム開発…新型LS/MIRAI搭載

テクノロジー レスポンス

アイシンが開発したドライバーモニターシステムとナビゲーションシステム&高精度地図が、高度運転支援技術「アドバンストドライブ」向け商品としてトヨタ『MIRAI』およびレクサス新型『LS』に採用された。

トヨタ自動車が発表したアドバンストドライブは、高速道路や自動車専用道路の本線上の走行を支援するシステム。ナビゲーションで目的地を設定すると、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行いながら、目的地に向かって分岐までの運転を支援する。このアドバンストドライブを搭載したLSが4月8日より、MIRAIが4月12日より発売されている。

アイシンはこれらの技術を実現するためソリューションとして、「ドライバーモニターシステム」「ナビゲーションシステム、高精度地図」を新たに開発。今後もトヨタ自動車をはじめとする関係各社と連携しながら、交通事故死傷者ゼロ、人に寄り添った運転支援に向けた技術開発を進めていく。

◆ドライバーモニターシステム(アドバンストドライブ仕様)

アドバンストドライブのハンズオフ運転状態では、ドライバーは常に周辺を見て状況を把握している義務があり、本商品はドライバーとクルマによる適切な運転が行われることをサポートする。今回、汎用プロセッサーを使って先端AIを実装することで、視線・顔の向き・まぶた開閉の検知性能を大幅に向上させており、顔の検出が難しい状態でも高い精度で検出が可能。さらにドライバーの運転姿勢が大きく崩れた場合や、システムの警告に応答せず無操作状態が継続した場合には、システムはドライバーの運転継続が困難と判断し、安全に車を停止させる機能にも役立っている。

◆ナビゲーションシステム(アドバンストドライブ仕様)&高精度地図

ナビゲーションシステムで設定したルート情報を高度運転支援システムへ送信することで、目的地へ向かう際の高速道路や自動車専用道路にて、本線上の走行を支援する。また、ナビゲーションシステムで受信した最新の交通情報を活用し、車線規制など交通状況に応じた運転支援もできる。アドバンストドライブの高度運転支援システムは、アイシンが新開発した高精度地図を採用。レーン構造や白線形状、路面ペイントなど必要となる高精度なコンテンツを収録している。さらに、新規開通道路でも高度運転支援利用ができるよう、最新の高精度地図をクラウドから配信する仕組みも構築した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 視線・顔向き・まぶた開閉を検知《写真提供 トヨタ自動車》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ