シトロエン C3、「居心地の良い」特別仕様車発売…ミッドセンチュリーにインスパイア

新車 レスポンス

グループPSAジャパンは、シトロエン『C3』に、ミッドセンチュリーモダンの発想を取り入れた日本独自企画の特別仕様車「C3モダンサロン」(Citroen C3 Modern Salon)を追加し、7月1日より販売を開始する。

ミッドセンチュリーモダンとは、イームズ夫妻やジョージ・ネルソン、イサム・ノグチらに代表される1940〜60年代の家具デザイン様式。当時の最先端素材である積層合板やFRPを使ったポップな意匠やグラフィックの名作家具は、使う人の気持ちや実用性に配慮。ミッドセンチュリーモダンは一大ムーブメントを巻き起こした。今回、「人に優しい居心地のよさ」というミッドセンチュリーモダンとシトロエンが共通して持つ理念が、特別仕様車C3 モダンサロンへと結びついた。

C3モダンサロンは、生地裏のフォームを従来の2mmから15mmへボリュームアップしたアドバンストコンフォートシートを備えた「シャイン」がベースモデル。フォグランプベゼル、エアバンプアクセント、Cピラーステッカー、そしてダッシュボードパネルにミッドセンチュリーモダンのテイストの特別な意匠を施した。

グラフィックのモチーフとなったのは、C3のシグネチャーのひとつであるボディサイドのエアバンプ。積層合板の優しげなカーブにも相通じるエアバンプの角を落としたやわらかな四角を要素として取り入れ、まるで当時実在したかのようなミッドセンチュリーモダン的なオリジナルのグラフィックを創り上げた。

ボディカラーはサーブルとブラン バンキーズの2色を設定。ベースモデルのシャインではスプリングブルーかブランバンキーズのボディカラーに限定されていたアドバンストコンフォートシートをサーブルに展開。このシートは初回導入限定車の「C3 エディション2021」に装備されていたものと同じ。テップレザーを一部にあしらった特別な仕様のものとなっている。

なお、アクティブセーフティブレーキ、LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックカメラ、16インチアロイホイールなどの主要装備はシャイングレードと同一となる。

価格は272万5000円。成約者にはボディカラーに合わせたグラフィックの特製リラックスクッションを2個セットでプレゼントする。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • シトロエン C3モダンサロン《写真提供 グループPSAジャパン》
  • 特製リラックスクッション《写真提供 グループPSAジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ