矢印を路面に投影、車線変更予告…小型照明装置

テクノロジー レスポンス

阪神高速技術、テクノ阪神、大日本印刷(DNP)の3社は6月30日、小型照明装置を用いた直感的な規制工事予告技術を共同開発したと発表した。

現在、高速道路上で規制を伴う工事を実施する際は、予告看板の設置等により、前方で工事を行っていることをドライバーに知らせて、早めの車線変更を案内している。

今回、DNPの小型照明装置を利用して3社が新たに開発した路面への投射技術を用いることにより、従前の予告看板に加え、車線変更を促す矢印を路面に照射することが可能となる。

小型照明装置は省電力なバッテリーで駆動できるため、常設電源からの給電が不要となり、設置位置の制約を受けない。また、小型・軽量でありながら高輝度を実現し、空間的な制約がある高速道路上でも効果的な表示が可能になる。

3社は、ドライバーに向けて、より直感的に早めの車線変更を案内できるようにすることで、特に夜間に走行するドライバーおよび規制工事従事者の双方のさらなる安全の向上に寄与していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 小型照明装置《写真提供 阪神高速技術/テクノ阪神/大日本印刷》
  • 運用イメージ《図版提供 阪神高速技術/テクノ阪神/大日本印刷》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ