インフィニティ米国販売、主力の小型SUV『QX50』が51%増 2021年上半期

業界 レスポンス

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティ(Infiniti)は7月2日、2021年上半期(1〜6月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は3万6937台。前年同期比は11.3%減だった。

全販売台数3万6937台の内訳は、乗用車が前年同期比9.4%減の1万0008台と減少傾向にある。ライトトラック(SUV)も12%減の2万6929台と、引き続き落ち込んだ。

乗用車系では、主力の『Q50』(日本名:日産『スカイライン』に相当)が8482台。前年同期比は8.0%減と減少傾向にある。2ドアスポーツクーペの『Q60』も、10.1%減の1526台と減少する。

ライトトラックでは、主力の小型SUVの『QX50』が1万3749台を売り上げ、前年同期比は51.6%増と大幅増。新型投入を控えた中型SUVの『QX60』は4306台にとどまり、前年同期比は64.6%減と後退した。最上級の大型SUVの『QX80』も、17.4%減の7631台と落ち込む。新型SUVクーペの『QX55』は、1242台を販売した。

インフィニティの2020年の米国新車販売台数は7万9502台。前年比は32.5%減と、3年連続のマイナスとなった。

  • 森脇稔
  • インフィニティQ50(日本名:日産スカイラインに相当)《photo by Infiniti》
  • インフィニティQ60《photo by Infiniti》
  • インフィニティQX60《photo by Infiniti》
  • インフィニティQX80《photo by Infiniti》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ